デジカメ動画活用
撮影機材集


ジンバル手持ちスタビライザー
2014/05/31、2014/06/21 2014/10/31
               はじめに、いまさら、アナログのスタビライザーかというと
                    軽量、片手持ちで操作できるスタビライザーというので
                    購入しました。

               長所:・軽く出来る。
                  ・片手持ちが可能

               短所:・個人がハンドメイドで作成しているので、入手が難しい。
                                 
               販売先:ヤフオク 99plusさん
                   価格5000円 延長軸2100円
                   重量 ジンバル+錘 420g TZ60 240g 計660g
                   ジンバルを片手で持ち、人差し指の腹を使って、軸を軽く触り
                   操縦します。

                   GoProHero3の場合、
                    延長軸1本 ジンバル+錘 400g カメラ120g 520g
                   **520gバージョンでは、スタビライザーの錘の位置設定を変えても
                     歩き方を変えても、Roll軸が安定性が出ませんでした。
                     カメラを見ていると、ほとんど動いていないだが、たぶんカメラの重さが
                     軽すぎるために、ジンバルのバランスが取れないと思います。
                     TZ60と同じ重さにして、今週中にテストします。
                   **下のサンプルにあるGoProは、追加バッテリ、透明ケースに入れているので
                     安定していたと思います。


               動画 設定方法&サンプル

               スタビライザーを持って歩きとき、縦揺れが安定性しないので、色々試しました。
               中腰、小股が一番良いと思っていましたが、プラス 膝を前に出す感覚で歩くと
               腰の上下動が大幅に減り、縦揺れは減ります。
  サンプル
https://www.youtube.com/watch?v=xGt9DRjYhtU&list=UUKZ1-tuSctcfUi-QELsOKYg