デジカメ動画活用
TMPGEncフリー版の使い方

連番静止画から動画作成(スライドショー)

静止画を集めて、動画を作るとスライドショーのようになります。
この機能は、WINDOWS MOVIE MAKER2が特殊効果、切り替え効果、文字挿入が出来るので
優れています。

TMPGEncフリー版でも、静止画から動画が作れるのでないかと思い、方法を探しました。
一枚の静止画からのやり方は、判っていましたが、連番でのやり方が判らず、試行錯誤の
結果、やっとわかりましたので、紹介します。

動画は、640x480のサイズで一枚当たり3秒表示にしています。

1.VIXの設定方法例(連番を付けて、リサイズする。)


1−1.出力先を設定


1−2.リサイズの設定(必ず8の倍数にすること


1−3.連番の付け方


1−5.作成した連番ファイル


2.TMPGの設定
2−1.ファイルの入力


2−2.DirectShow Multimedia File Readerの設定。
DirectShow Multimedia File Readerを”0”にして下さい。
実は、ここの設定がポイントでした。これが出来ていないと連番が出来ません。


2−3.連番のファイルを1本のムービーとして開くにチェックを入れる。


3.MPEGの設定。
3−1.表示時間の設定
  3秒表示のときは、90を入れる。


3−2.ビットレートの設定
  1000Kbpsで良いでしょう。動画と結合するときは、同じビットレートにした方が
  良いと思います。


4.エンコード
4−1.ファイル出力


4−2.保存先の設定


4−3.結果