エンコードの設定


           3−1.エンコードの設定



           3−2.エンコードの設定1
                  固定ビットレート(CBR) 1passの設定
                  私のCBR、VBRの使い分け方
                  ・CBRを選択するときは、WMM2編修用のファイルを作るとき。
                  ・VBRを選択するときは、最後のファイル圧縮時です。
                  ・VBRは、”ファイルのダウンロード”等のVBRを選択する。



             3−3.エンコードの設定2
                  640×480は、ビデオプロファイル(中)を選択
                  ◆WINDOWS MEDIA ENCODER9で変換(エンコード)するならば、
                   4−1に進んで下さい。



              3−4.ビットレート数、WINDOWS MEDIA ENCODER7の設定
                  両方とも、編修ボタンをクリックする。
                  ビットレート数変更は、3−6に進む。
             


              3−5.WINDOWS MEDIA ENCODER7に設定変更



              3−6.ビットレート数の変更
                  WINDOWS MEDIA ENCODER7,9でも同じ操作です。


             3−7.ビットレート数変更での注意事項
                  低ビット数にするとファイルサイズが変わることがあります。
                  低ビット数では、音声のビット数にも気を付けて下さい。



             3−8.WMV9の変換を早くする方法。
                  削除:後日、古いPCを探し出して確認します。

              3−9.最後



              3−10.最高画質にする方法
                   「ツール」−「オプション」をクリックして
                   「パフォーマンス」をクリックして、下記設定をする。
                    *ただし、変換速度は遅くなりますので、注意。




トップへ
戻る